仙台近郊の葬儀・家族葬は、
ごんきやの葬祭会館セレモニア(仙台・塩釜方面に10会館の葬儀社)

仙台近郊の葬儀・家族葬は、ごんきやの葬祭会館セレモニア(仙台・塩釜方面に10会館の葬儀社)

仙台近郊の葬儀・家族葬は、
ごんきやの葬祭会館セレモニア(仙台・塩釜方面に10会館の葬儀社)
お葬式のお申し込み・お問い合わせ・ご相談は フリーダイヤル0120-365-554 365日24時間受付022-365-5555お葬式のお申し込み・お問い合わせ・ご相談は フリーダイヤル0120-365-554 365日24時間受付022-365-5555

神道系・神葬祭

神道系・神葬祭

神葬祭とは仏教伝来以前からの弔いであり、古くから日本固有の葬喪儀礼として行なわれてきました。
神道では死は「けがれ」とされていますので、葬儀の式場は神社を使わず、葬祭会館やご自宅で執り行われます。

神道系・神葬祭の葬儀の流れ

通夜祭・還霊祭

通夜祭では斎主の祭詞奏上があり、遺族は玉串を捧げて拝礼します。遷霊祭ではご遺体から霊璽へと故人の霊を遷す儀式がなされます。夜に見立てるために部屋の明かりを消し、斎主は警ひつ(霊璽に声をかける)を行い霊を遷します。本来は別々の儀式ですが、今では同時に行われることが多くなっています。

火葬祭

ご遺体を火葬する際に火葬場にて行う儀式。斎主が祭詞を奏上し、ご遺族が玉串を捧げて拝礼します。

葬場祭

開式のあとお祓いとお供えされている酒などのふたを開ける儀式を経て、斎主が祭詞を奏上します。その後、弔辞の奉呈や弔電の拝読があり、斎主・喪主・遺族・参列者の玉串奉奠が行われます。ふたを閉める儀式のあと喪主から参列者へのお礼の挨拶があり閉式となります。

火葬については、状況などにより通夜祭の前や葬場祭の後に行なうこともあります。

弔事封筒の表書きについては全て「御玉串料」と表書きします。

ご葬儀

メールでのご相談はこちら
  • ふれ「愛」介護タクシー
  • ごんきやの葬儀格付け
  • みやぎ生協
  • お仏壇百貨店
  • 採用情報
  • 現代仏壇専門店 ギャラリーメモリア
  • 講演依頼
  • 会員システム
  • 終活のブログ
  • ふれ「愛」メイト加盟店一覧
  • ご葬儀の相談・お見積り
  • ご供花・ご供物のご注文
  • 仙台のお葬式
HOME
ご葬儀
会館案内
お仏壇
会員システム
よくある質問
会社概要
事前相談
お問い合わせ
× CLOSE