仙台近郊の葬儀・家族葬は、
ごんきや県内23館の葬祭会館ネットワーク

仙台近郊の葬儀・家族葬は、ごんきや県内23館の葬祭会館ネットワーク

仙台近郊の葬儀・家族葬は、
ごんきや県内23館の葬祭会館ネットワーク
お葬式のお申し込み・お問い合わせ・ご相談は フリーダイヤル0120-365-554 365日24時間受付022-365-5555お葬式のお申し込み・お問い合わせ・ご相談は フリーダイヤル0120-365-554 365日24時間受付022-365-5555

社員への素朴な疑問30問

1.この会社を選んだ理由
  • ・同業他社の中でも一つ一つの応対(電話やメールなども)が丁寧だったからです。
  • ・人と関わる仕事がしたいと思ったのと、家から通えることから選びました。
  • ・他の企業の職場体験にも行きましたが、ここは本社に入った瞬間から印象が良く、皆さんが挨拶をしてくれたので働いてみたいと思いました。
  • ・高校2年の時、曾祖母の葬儀に参列して葬祭業者の方の仕事を見てて憧れ、入社しようと思いました。
  • ・会社訪問の際、明るく元気に挨拶していただいたのが良かったのと、パソコン操作を習っていたのでそれが役立つと思ったからです。
2.働いていてうれしかったこと
  • ・自分が直接したことでなくても会社全体として感謝された時にうれしいと思いました。
  • ・自分が担当した葬家さんから感謝の言葉を伝えられた時です。
  • ・お客様に名前を覚えていただき、ありがとうを直接言っていただいたことです。
  • ・お客様からの質問に答えられて「ありがとう」と感謝された時にうれしかったです。
  • ・先輩社員の方に頼まれた仕事をすべて終わらせて「ありがとう」を言っていただいた時です。
3.お客様に感謝されたこと
  • ・自分ではないけれど、1周忌の時にお花を差し上げたことを感謝されました。自分のことのようにうれしかったです。
  • ・お客様の要望を聞き、それをイメージ通りに実現できた時です。
  • ・お客様のご要望に対応して臨機応変に動けた時に感謝されました。
  • ・わからないことをしっかりと教えてあげてサポートしてあげた時に感謝されました。
  • ・お客様のご要望に想像以上のことをして差し上げたら、とても感謝されました。
4.しくじったこと
  • ・確認ミスをしたことです。
  • ・他宗派と式の流れが異なる葬儀で、いつも通りの案内をしようとしてしまったことです。
  • ・弔電を噛んでしまったことです。
  • ・電話応対して、お客様からの質問にすぐに答えられずに、お客様を長く待たせてしまったことです。
  • ・式場の準備に行ったときに忘れ物をしたことです。
  • ・葬儀日程表の曜日を間違えたことです。
5.辞めたいと思ったこと
  • ・仕事をしていく上で覚えることが多く、自分の能力に限界を感じた時です。
  • ・現場で仕事がしたかったのに、3日連続で本社に待機だった時です。
  • ・辞めたいと思ったことはまだないです。まだわからないことが多いので失敗してもやり直せると思うからです。
  • ・わからないことがほとんどで、何をしてもうまくいかなかった時に叱られて落ち込みました。
6.会社の風習で驚いたことは
  • ・決まった時間にお茶出しをするという風習です。今は仕事の効率化をはかっているのでなくなりました。
  • ・マニュアルではなく見て覚えるという風習です。できるだけマニュアルを作成してもらってます。
  • ・ラジオ体操です。社員全員がそろって行う事に驚きました。
7.新入社員研修の思い出は
  • ・寺巡りをしたことです。宮城県にこんなにお寺があることに驚きました。
  • ・自分のこれまでの人生を振り返りながらの自己紹介です。
  • ・それぞれの会館に挨拶周りに行ったことです。今思えば、会館スタッフ同士が会う機会があまりないのでいい経験でした。
  • ・葬祭・会館・総務という3部署を1か月ずつ研修したが、覚えることが多くて大変だったことです。
  • ・社員の方々が優しく教えて下さったことです。
8.仕事で大切にしていることは
  • ・毎日の仕事で優先順位をつけることです。
  • ・お客様の話しにしっかりと耳を傾け、急いでいる時でも葬家さんの気持ちに気遣うことです。
  • ・挨拶です。お客様にはもちろん、社員の方にもしっかりとしています。お客様から見ても気持ちのいいものでしょうし、お客様の目線で客観的にみることも大切だと思うので、挨拶はしっかりとしています。
  • ・不安なことは自分で判断しないで聞くこと、また誰に対しても優しくすることです。
  • ・時間を守って仕事をすることです。
9.仕事で燃えることは
  • ・自分の中で仕事の流れがうまくいき、スムーズに終わらせることを考えている時です。
  • ・儀式などの司会をしている時です。
  • ・葬家さんから様々な質問をされた時です。葬儀が終わってから、別の葬家さんが同じ式場で通夜になる場合、すぐに清掃等を行い準備を整えなければいけないので、その時にいかにきれいに早く終わらせられるか考えながら行うと楽しくなり燃えてきます。
  • ・仕事を任された時です。
  • ・何件分も礼状や日程表などの印刷物がたまっている時です。
10.この人にはかなわないという人は
  • ・全員です。かなう人がいません。
  • ・同期達です。かなわないというよりはみんなそれぞれ違う部署で頑張っているのでライバルというよりは仲間という意識が強いです。
  • ・社員皆さんですが、しいて言えば、同じ部署の役職がある方々です。
11.先輩からの言葉で印象に残っていることは
  • ・それはそれ、これはこれ。
  • ・お客様のことを第一に考えることが大切。
  • ・葬家さんのことを一番に考えているのは自分だと思って対応する。
  • ・最初は誰でもわからない事の方が多いのだから、今から覚えれば大丈夫だよという言葉。
  • ・わからないことはそのままにしないで先輩に聞きなさい。
  • ・何回も間違って成長するんだよ。
12.入社してから自分が変わったということは
  • ・学生の時にはないプレッシャーでメンタルが鍛えられている感じがします。
  • ・何事にも柔軟に対応できるようになったと思います。
  • ・我を通さなくなり、周りにあわせられるようになったと思います。
  • ・言葉遣いや敬語の使い方が変わり、人に接する時の態度も変わりました。
  • ・わからないことを恥ずかしがらないで他人に聞けるようになりました。
13.お金の使い方で変わったことは
  • ・家計を助けられるようになりました。
  • ・貯金をするようになりました。
  • ・無駄遣いをしないで考えて使うようになりました。
  • ・本当にほしいのか考えるようになりました。
14.昼食はどうしているか
  • ・手作り弁当(母親or自分)を持参して食べてます。
  • ・コンビニでお弁当やサラダ、おにぎりなど買ってきて食べています。
  • ・社員が昼食をとる部屋でみんなでワイワイしながら食べてます。
15.休みの日の過ごし方は
  • ・布団でゴロゴロ、またはゲームをしています。
  • ・葬儀系ユーチューバーの動画をみています。
  • ・友達と遊びに行きます。それと洋服を買いに出かけたりもします。
16.学生に戻れたら何がしたい
  • ・制服で出かけたいです。
  • ・英会話の勉強を積極的にしたいです。
  • ・卒論の研究を深めたいです。
  • ・授業をまた受けたいです。あんなに好きじゃなかった授業を受けたいと思う日が来るなんて!
  • ・友達と遊びたいです。
  • ・放課後に友人と遊びたいです。
17.学生のうちにやっておいた方がよいことは
  • ・漢字の読み書き。
  • ・自分は何の仕事が好きそうか?自分はどういう人間か?という自己分析。
  • ・時間のかかることです。学生の頃より自由に使える時間が社会人になると少なくなるからです。
  • ・敬語の勉強と挨拶です。敬語は今も苦戦しているのでやっておくべきです。
  • ・青春。
18.入社半年前の自分にアドバイスするとしたら
  • ・学生とは違うから覚悟して。
  • ・体力をつけておいてほしい。
  • ・旅行にたくさん行っておいて。
  • ・もっとやりたいことをしておいて。
  • ・漢字の勉強をしておきなさい。
19.入社してから業界のイメージは変わったか
  • ・精神面より肉体面が思ったよりハード。
  • ・変わりました。正直暗い人が多いイメージでしたが、皆さん明るくとても楽しい毎日を送ってます。
  • ・通夜や葬儀だけの事業かと思っていたが、他にもたくさんのことをしていてイメージが変わりました。
20.他部署との交流はあるか
  • ・交流できます。
  • ・密接に関わっている交流も毎日あります。
  • ・儀式等で会館には毎日のように行くので、会館スタッフとの交流はありますね。
21.一番心に残っている葬儀は
  • ・ひとつの会館を貸切で行った葬儀です。
  • ・自宅での「社葬」です。
  • ・一番最初に司会をした葬家さんの葬儀です。後日、改めてお礼をいただいたのが印象的でした。
  • ・高校生が事故で亡くなった葬儀です。参列者が多かったのと、自分に年齢が近かったので心が痛みました。
  • ・弊社副社長の葬儀です。趣味であった「吊るし雛」を会葬者席の頭上に飾りました。壮観でした。
22.仕事で悩んだ時の解決策は
  • ・考えを喋りまくるようにしています。
  • ・状況が逼迫していない時は仕事と無関係なことを考えたりして忘れる、逼迫している時は先輩に相談するようにしています。
  • ・自己分析して解決しています。
  • ・同期とご飯を食べに行くことです。配属部署が違うので、いろいろな目線で話を聞いてもらえます。
  • ・誰かに相談します。
  • ・上司に聞いたり、同期に相談します。
23.何か資格は取得できるのか
  • ・厚生労働省認定 葬祭ディレクターの資格が取得できます。こちらは会社で費用面もサポートしてくれます。
  • ・実務期間2年で2級葬祭ディレクターを、5年で1級葬祭ディレクターを受験できます。
  • ・全国優良仏壇専門店会で取得できる「お仏壇アドバイザー」という資格があります。知識と人間性を兼ね備えた優秀だと認められた方が取得できます。
  • ・全日本葬祭業協同組合連合会認定 全葬連葬儀事前相談員という資格が取得できます。厳しい審査のもと取得することができます。
24.苦手な人との仕事はどうしてる
  • ・耐久勝負だと思っています。
  • ・苦手だと相手に知られないように他の人と同じような対応をするようにしています。
  • ・仕事とわりきって接しています。
25.初任給はどう使ったか
  • ・ケーキを買いました。
  • ・親とご飯を食べに行きました。
  • ・貯金です。
  • ・祖母にプレゼントを買ってあげました。
  • ・仕事で使う時計と母へのプレゼントを買いました。
26.社内婚はありますか
  • ・ありますね。仕事の理解が得られるので何組かご結婚されてます。
27.新しい趣味はできたか
  • ・寝る前のストレッチです。仕事でケガをしないためにもやってます。
  • ・新しいのはできてませんが、大学生のころからの趣味を続けています。
  • ・相変わらずオタ活をしてます。
28.今、はまっていることは
  • ・ストレッチ
  • ・オンライン飲み会
  • ・ジャニーズのオタ活です!
  • ・貯金
  • ・ゲーム
29.ごんきやの社員の特徴は
  • ・個性的、誰一人として似たような性格の人がいないですね。面白い人ばかりです。
  • ・メンタルが強いです。
  • ・お話し上手、聞き上手の方が多いですね。
  • ・声が大きいですね。
30.あなたにとって仕事とは何ですか
  • ・生活するために必要な事。
  • ・生きがい。
  • ・自分が成長する時間。
  • ・人間関係や自分のコミュニケーション能力を高めるためで、自分を成長させるための場だと思います。
  • ・目標を達成するために必要なことです。
  • ・他の人とのコミュニケーションをとることであり、いろいろな経験ができることだと思います。

採用情報

-->

HOME

ご葬儀
会館案内
お仏壇
会員システム

よくある質問

お知らせ

講演依頼

会社概要
事前相談

お問い合わせ

× CLOSE